スマホをマイク代わりに、話してPCで文字表示を同期で時間差わずか

■燃えないごみ、粗大ごみの回収の日

 持て余すものを回収してくれる制度
 ありがたい、税金を払っている値打ちを感じる


■6月9日 日曜日 「街のすぐれもの」での講習の日

 シニアを対象に公民館活動の一環として
 募集してくれていたが参加者5名
 会費300円
テーマ:パソコンやスマホの便利機能紹介 
     音声入力やLINEなど
画像
 
画像


準備の一つとして
 音声入力で文字化 テスト
 スマホで話し、PCと同期

 近くであれば時間差はあまりなく 
 PCに文字が表示される
 これがスムーズにできればデモすれば面白い

 参加者にスマホをマイク代わりに話してもらい
 PC ⇒ スクリーンへ表示できる


■台湾旅行でのヘマやドジ
 判断ミスなどたくさんある

・情報をもらってるにも関わらず
 有効に活かしていないことがチラホラ

 関空でのチェックインゲート

  LCC は第2ターミナル
  バスに乗って行かなければならない

  多少時間余裕を見て行ったので慌てずに済んだ

  予約リストを見て第1ターミナルと勘違いした
  帰りの台湾からのチェックインが第1ターミナル
あれ! スマホがない
搭乗口で待っていたとき気がつく
画像

いつも入れている胸ポケットにスマホがない
えらいこっちゃ、どうしたのだろう??

そうだ、手荷物検査の時にチョッキやその中に入っている
スマホ、ポケットに入ってるものすべてかごに入れて検査にかかる
検査を通り抜けた後ポケットへ戻すのを忘れたのではないか

検査の方へ戻り受付けている人に聞くも残っていない

後は Peach Air の人に調べてもらうしかない、とのこと

これから旅に出る、記録や連絡に欠かせない
大変だ、どうしよう・・・??!!
バッグの中を調べてみるとそこに収っていた
やれやれ


 最初の夜のホテル ホテルと思っていた
 ドミトリー形式で
  雑居ビルの6階
  1階はコンビニ、そのコンビニも小さい

  道順の地図が小さすぎて分かりにくい
  道順の書物(英語)もあったが・・・

  暗くなってからなので方角もわからず

  広い道路で車は多いが人通りは少ない

  会う人会う人にホテル名と住所を見てもらうが
  その先を曲がれ
まっすぐ行け
  反対向けていけ
  など7組に聞きやっとこさわかる
  住所を見てスマホでこの前だ、指差してくれた

  わかるまで時間かかる

これがフロントというより受付
時間になったら帰り、朝7時以降に出勤してくる
ぼくは7時前に無人のときチェックアウト
鍵はボックスへ投入
画像


 2泊目は高雄
  地下鉄 MRT に乗り二つ目の駅
  地図を見て交差点近く
  見上げるとホテル名 A.R.T の看板あり
  2階ということで上がってみると美容店

 ART違い

  タクシーが止まっていたので運ちゃんに聞くと
  次の角を左へ曲がれ、で行く

  その通り筋で、看板を見ても見当たらず
  商店街なので何軒も入るがこの通り筋だよ
  と答えるがホテルの看板見つからず

  何軒目かの店で聞くと
 連れて行ってあげるということで
  ついて行く、ホテルは2階

 ここまで来ると大丈夫だと思ったが

  案内してくれた人が2階まで一緒に上がる

 2階の入り口は一つしかないにもかかわらず表示なし

 親切にも電話をかけてホテルの人に連絡
 来てくれるまで待って引き渡しをしてくれた

 こういうホテルもあるのかと驚く

 中は女性のセンスで小綺麗にまとめている
画像

画像


 2日続きのホテル探しでの苦労、まいった、まいった

 おかげで外出してレストランで食事を摂る時間余裕なし

 というのも雑居ビルで一階にはビルそのものの出入り口の鍵があり
 遅くなると入るのに鍵がいる

 操作も難しそうなのでビルが閉まる前に
 ビールと夜食を買い込み、共用リビングで食事

 3日目は分かりやすい駅近く所をスマホで予約

 観光地なのか、駅で地図をちょうだいと言うと
 インフォメーションセンターがある、と紹介あり
 そこで念のために道順を聞く

 すぐ近く、角を曲がったとこone minute
 ワンミニッツ と言うもそうでもない

慣れないせいか通り過ぎ5分かかった

3日目は多少余裕があった
 街の案内図で美味しい所へ行こうと歩いて行く

 大きなレストランではなくビールも飲めない
 イートインか、テイクアウト持ち帰りの店だった

美味しい中華料理
期待したが今回の旅行も
食べ物に関してはついてなかった

台湾ドルへの交換
 関空でも替えたが

 台北の空港の方がレートが良いということで
 空港内でも交換

 1店目は全然言葉が通じず
 手を横に振られて目的達成せず

 2店目は閉店時間が過ぎたと断られる

 3店目にしてやっと交換できる

★非常に参った参ったこと

 飛行機は3時間ぐらいのフライト
 トイレに行かずに済んだ
 空港でトイレを済ませたが
 台北駅行きの地下鉄 MRT 約50分
 その間辛抱ができず、筋肉が緩んだのか
 おもらし

一人で行くと次 何をするかは全て自分の判断

 自己責任で動く
 判断ミスもよくあり、しかし訓練にはなる
 
 非日常生活で見るもの、聞くものが
 普段とは違い刺激がある

 ボケ防止になる

  
-----------------------------------------
   

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック