「アーティスト・デイト」---探索の旅 久保惣美術館へ

■今日も暖かい


昼から和泉市の久保惣美術館 訪問

  普段と違う行動

 この前読んだ本では

「アーティスト・デイト」---探索の旅

 展示は

 源氏と伊勢物語の中へ

  あまり関心が強くなかったので知識ない

kubosou-panf.png

 理解度は低いと思うが鑑賞に行く

  平安時代以降

  コピー、コピーと受け継がれている

  人気があったのだろう

コピーといっても

  筆で流麗にさらさらと記録されている

  江戸時代の後半からか

  木版刷りされているよう

  絵が多い

  源氏物語絵巻を模倣、模写?

   絵を 見るとほとんどの人たちは

  烏帽子をかぶっている

  みんなか?と思ったが、探すと町人はなし


  屋根を描いているのは少ない、茅葺?

  瓦は見受けない、神社が描かれてないから?

  天井なくテレビのスタジオのごとく

  上から描かれている

  御簾や格子の仕切りあり

  縁側が描かれているのが多い

  立派なノコギリがない時代

  時代が過ぎての絵だからか

  板をつくるにもかなり時間をかけただろうに

  部屋の畳と思われるのは緑色がほとんど

  縁取りがある

  写真は禁止

 別の部屋でみた中国の1400年前の石

  漢字が彫られているが

  今の日本の漢字とほぼ同じ 1字、1字は読める

DSC_1045.jpg

美術館庭の整備

 歩道との仕切りは竹を使っている 参考になる

DSC_1047.jpg


★帰りがけ途中、春日神社への道表示があり寄り道

  先日は富田林市の春日神社

  今日は和泉市

DSC_1051.jpg

DSC_1050.jpg
DSC_1052.jpg

★田原総一朗の本から

 言葉を抜き書き

 いつまでも現役で活躍している人 説得力がある

自分のやりたい仕事を続けるには

もちろん能力や努力は欠かせませんが

それだけでは足りません


私自身の体験を踏まえて言えば

絶対に必要なのは自分以外の人たちの協力です

生き方や働き方に正解はありませんが

断言できることはあります

それは苦境に陥った時に

人との関係を無視して浮き上がれる人生は

ありえないということです


様々な分野で失敗や困難を克服した人たちに

インタビューをしてきて「自分の力だけで這いあがった」と

答える人は一人もいませんでした


自分の力だけでできないことを可能にするのは

自分以外の人の力です

他者からの理解、支援、協力を得るために

絶対に必要なのが信頼なのです

人から信用される生き方こそ

永く幸せに働くための哲理であるというのが

この章で私が伝えたい一番の勘どころ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント